埼玉県・首都圏の廃棄物処理は新生にお任せください

機密書類処理

オフィスの機密書類を確実に処理し、
御社のリスクマネジメントと作業効率の向上に貢献します。

新生の機密書類処理ならこんなお悩みもご相談ください!バインダーに入ったままでも、ホチキスがついたままでも大丈夫です。
また、機密書類の処理で最も重要なのは、機密性の保持がきちんと守られているかという点です。Pマークを取得している当社では、梱包されている書類を未開封のまま破砕し、ご希望のお客様には破棄証明書も発行いたしますので、安心してお任せいただけます。
紙文書の処分方法を見直しませんか?

  • ホチキスがついたままや、バインダーに入れたままでも処理できるので、手間がかからない!
  • シュレッダー作業にかかっていた時間がなくなるので作業効率が上がります!
  • 未開封の状態で処理されるので、プライバシーも安心!
  • 場内には監視カメラや施錠がついていて深夜の監視体制も安心!
  • プライバシーマークを取得しているので従業員教育も徹底しています!

機密書類の処理フロー

機密書類の簡単な処理フローをご紹介いたします。

1,回収

オフィスの大掃除やお引越し時に発生した書類や、保管期間が経過したご不要となった顧客リストや履歴書、アンケート用紙など、中身が見えないようにダンボールで梱包してください。
その後、新生のトラックがお客様のオフィスや工場へ回収にお伺いし、処理工場へ運びます。

2,破砕処理

お客様が梱包された機密書類は、未開封のまま新生の処理工場で粉々になるまで破砕処理されます。
ご希望のお客様には破砕処理完了の証明書を発行いたします。

3,古紙問屋へ売却

破砕・圧縮された機密書類は、古紙として新たな資源となります。適切にリサイクルされるために、全て古紙問屋に売却します。

4,リサイクル

古紙問屋に売却された古紙は、製紙会社が買い取ります。その後、再生紙に生まれ変わる際に溶解処理されます。溶解処理された古紙は、紙製品となって再び私たちの手に渡ります。

再資源化証明書(リサイクル化証明書)の発行サービス

当社では、お客様が依頼された再資源化廃棄物が適切にリサイクル工場まで移動することを常に確認できる「再資源化証明書(リサイクル化証明書)発行サービス」を行っております。
回収時にドライバーが持参いたしますので、排出事業者の欄にご署名をいただきます。

再資源化証明書(リサイクル化証明書)とは

回収事業者が、再生資源の適正かつ確実に再資源化することにより再資源化までの信頼・安心をお客様(排出業者)にお知らせできる伝票システムです。
日資連(日本再生資源事業協同組合連合会)が認定した再生資源回収事業者が発行します。

再資源化証明書の流れ

埼玉県・首都圏の廃棄物なら新生へ! TEL 0493-57-0205(営業部) 【受付時間】 9:00-17:00

PAGETOP